MENU

仕事の面接で寝坊して2時間以上遅刻してしまいました。海外に数年住んでいて帰国した翌日に仕事の面接を入れてしまったのが失敗の原因の一つでしょう。なるべく向うに長くいたかった気持ちが日本国に受け入れられなかったのでした。仕事は貿易事務などの事務系で、都内の小さい商社でした。なぜそんなに寝坊してしまったのかというとそれまでタイで使っていた目覚まし時計のスイッチは上がONで下がOFFでした。前夜、母から渡された目覚まし時計は逆だったのです。もちろん時計はセットした時間には鳴らず、母に起こされました。2時間の寝坊だったので、半ば諦めたのですが、母に「とにかく行きなさい!なんでもいいから言い訳考えて!」と言われとにかく行くことにしました。でも、当日ですから体調不良とも言えず、道を間違えたにしては電話1本入れなかったし…といい言い訳が思いつきませんでした。道々考えましたが、どうしても思い浮かばず、正直に言いました。面接官の人は「はあ…」とだけ言っていました。
その後も最悪で父に携帯を借りていったのですが、筆記試験を受けている間にアラームが鳴りだしてしまいました。日本の最新式の携帯の使い方が全く分からず、電源を切ろうとしたのですが、ボタンが分かりません。仕方なく、面接官に切ってもらいました。あきれられたこと間違いなしで、もちろん面接も通りませんでした。

 

大学生 楽なバイト
安い脱毛サロン